業績

2017-10-23 (月) 10:38:47 (33d)

著書

  1. 日本教育工学会(監), 鈴木克明・根本淳子・松田岳士(編), 椿本弥生,他(著) (2017) 教育工学選書Ⅱ 大学授業改善とインストラクショナルデザイン. ミネルヴァ書房
    • 担当: 5章
  2. 望月俊男, 山下清美(監) , 冨永敦子(編著), 椿本弥生,他(著) (2016) 大学生のための文章表現ワークブック―読み手・書き手と対話する. 専大書房
    • 担当: 3章 文献を批判的に読みながら、興味関心や問いを焦点化する,6章コラム 他者に説明することの効果, 8章 パラグラフを意識して書く
  3. 犬塚美輪, 椿本弥生 (2014) 論理的読み書きの理論と実践-知識基盤社会を生きる力の育成に向けて-. 北大路書房.
    • 担当: 5章 ,6章,7章,9章,10章,11章
  4. 宇田川拓雄(編著),椿本弥生,他(著) (2014) 高校生・受験生・大学生のための中堅大学活用術. 大学教育出版.
    • 担当: 11章 大学でメタ学習(学び方の学び方)を学ぶ pp.138-148
  5. 鈴木克明, 合田美子, 半田純子, 根本淳子, 沖潮満里子, 椿本弥生, 寺田佳子, 渡辺雄貴, 山田政寛 (2013) インストラクショナルデザインとテクノロジ:教える技術の動向と課題. 北大路書房.
    • 担当: 6,7,8,9章
  6. 山内祐平(編著)(他), 椿本弥生(※著者順不同) (2010) 学びの空間が大学を変える-ラーニングスタジオ・ラーニングコモンズ・コミュニケーションスペースの展開-. ボイックス株式会社.
    • 担当: 第3部 交流の場の変革-コミュニケーションスペース Part5. ケーススタディ:はこだて未来大学, pp.129-154
  7. 河野義章(編著)(他), 椿本弥生(※著者順不同) (2009) 授業研究法入門-わかる授業の科学的探究. 図書文化社.
    • 担当: TOPIC4, p.47
  8. 岸 学, 綿井雅康, 冨永敦子, 中村光伴, 辻義人, 椿本弥生 (2008) 文書表現技術ガイドブック. テクニカルコミュニケーター協会(編), 共立出版.
    • 担当: 7章「Webによる表現をどのように工夫するか?」, pp.133-150

学術雑誌論文(査読付)

  1. 竹川佳成, 平田圭司, 田柳恵美子, 椿本弥生 (2017) 鍵盤上への演奏補助情報投影機能をもつピアノ学習支援システムを用いた熟達過程の評価分析. 情報処理学会論文誌, In printing
  2. 西森年寿, 望月俊男, 椿本弥生, 山内祐平, 久松慎一, 中原 淳, 大浦弘樹 (2014) MEET Video Explorer: 問題設定を支援する映像クリップ視聴プレイヤーの開発と評価. 日本教育工学会論文誌, 38(3), 309-316
  3. 望月俊男, 西森年寿, 椿本弥生, 大浦弘樹, 佐藤朝美, 渡部信一, ヨハンソン ヘンリク, 中原 淳, 山内祐平 (2014) 読解リテラシーの実践を支援するソフトウェアeJournalPlus?の開発. 日本教育工学会論文誌, 38(3), 241-254
  4. TSUBAKIMOTO, M., OTSUKA, H., TAKAHASHI, R., and MIMA, N. (2013) Establishing a Sustainable Learning Support Organization and the Practice of Peer Tutoring Centering on College Students. Educational Technology Research, 36(1&2), 97-111 (Translation)
  5. 佐藤朝美, 椿本弥生, 朝倉民枝 (2013) Family Narrative支援活動「未来の君に贈るビデオレター作成WS」のデザインと実践. 日本教育工学会論文誌, Vol.37(3), 229-239
  6. 椿本弥生, 高橋 薫, 北村 智, 大辻雄介, 鈴木 久, 山内 祐平 (2013) 通信教育における意見文の協同推敲を支援するグループ編成方法の開発と評価. 日本教育工学会論文誌, Vol.37(3), 255-267 【日本教育工学会 第28回 論文賞】
  7. 椿本弥生, 大塚裕子, 高橋理沙, 美馬のゆり (2012) 大学生を中心とした持続可能な学習支援組織の構築とピア・チュータリング実践.日本教育工学会論文誌, Vol.36(3), 313-325
  8. 池尻良平, 藤本 徹, 椿本弥生, 山内祐平 (2012) 歴史的事象を現代の問題解決に応用する力を育成する教材のデザインと評価.教育メディア研究, Vol.19(1), 1-20 【日本教育メディア学会 井内賞 (優秀論文賞)】
  9. 椿本弥生, 柳沢昌義, 赤堀侃司 (2010) 出題形式や評価項目がレポート採点支援マップの可視化結果に及ぼす影響. 日本教育工学会論文誌, Vol.33(4), 459-465
  10. 栗原一貴, 望月俊男, 大浦弘樹, 椿本弥生, 西森年寿, 中原 淳, 山内祐平, 長尾 確 (2010) スライド提示型プレゼンテーション方法論の拡張手法を定量的に評価する研究. 情報処理学会論文誌, Vol.51(2), 391-403
  11. 高橋 薫, 村松浩幸, 椿本弥生, 金 隆子, 金 俊次, 村岡 明, 堀田龍也 (2009) 言語力育成から見る中学校アントレプレナー教育実践の評価. 日本教育工学会論文誌, Vol.33(Suppl.), 97-100
  12. 椿本弥生, 柳沢昌義, 赤堀侃司 (2008) 人文・社会科学分野を中心とした大学教員によるレポート実施と採点の現状に関する調査. メディア教育研究, Vol.5(2), 121-128
  13. 椿本弥生, 中村光伴, 岸 学 (2007) キーワードとキーセンテンスに着目したレポート採点支援の基礎的検討. 科学教育研究, Vol.31(4), 210-219
  14. 椿本弥生, 柳沢昌義, 赤堀侃司 (2007) レポート内容とその評価を可視化する円錐形レポート採点支援マップの開発と評価. 日本教育工学会論文誌, Vol.31(3), 317-326
  15. 椿本弥生, 赤堀侃司 (2007) 主観的レポート評価の系列効果を軽減するツールの開発と評価. 日本教育工学会論文誌, Vol.30(4), 275-282 【日本教育工学会 第21回 論文賞】

国際会議発表論文(査読付)

  1. Tsubakimoto, M., Tominaga, A., Fujita, A., & Kashino, W. (2017) Cluster Analysis of Learners Based on Their Perception of Writing Aids, (In printing). [2017.9.1 Taipei, Taiwan]
  2. Tominaga, A., Tsubakimoto, M., Fujita, A., & Kashino, W. (2017) How Outline Tools Affect Learners' Feeling of Difficulty in Writing Composition?, (In printing). [2017.9.1 Taipei, Taiwan]
  3. Inuzuka, M., & Tsubakimoto, M. (2017) The effects of social-media messages incorporated into television on topic retention and critical judgement. the 11th International Conference on Cognitive Science, (In printing). [2017.9.2 Taipei, Taiwan]
  4. Yuji Hayashi, Yuki Watanabe, Hideya Matsukawa, Mio Tsubakimoto, Shinji Tateishi, Takeshi Matsuda, and Hideaki Yamashita (2017) Development of SVM based "Risk Detector" for Retention of University Students. Hawaii International Conference on Education. (In printing)[2017.1.dd Hawaii, USA]
  5. Inuzuka, M., Tanaka, Y., and Tsubakimoto, M.(2017) Students' Comprehension of Scientific Discussion: Using Eye-tracking Technique to Investigate the Effects of Social-media Messages on Television. Proceedings of International Conference on System Sciences (HICSS), IN PRINTING.[2017.1.dd Hawaii, USA]
  6. Takegawa, Y., Hirata, K., Tayanagi, E. & Tsubakimoto, M. (2015) Analysis of a Chunk-Based Learning Process in a Piano Learning Support System. In S. Carliner, C. Fulford & N. Ostashewski (Eds.), Proceedings of EdMedia?: World Conference on Educational Media andTechnology 2015 (pp. 1577-1585). Association for the Advancement of Computing in Education (AACE).
  7. TSUBAKIMOTO,M., WATANABE,Y., YOKOYAMA,M., OTSUKA,H., NEMOTO,J., SUZUKI,K., and MIMA,N. (2014) Establishing a Learning Support Organization Centered on College Students and Practical Use of a Teaching and Learning e-Portfolio for Tutors. Hawaii International Conference on Education. (In printing)[2014.1.7 Hawaii, USA]
  8. TAKEGAWA,Y., TAYANAGI,E., TSUBAKIMOTO,M., and HIRATA,K. (2013) Evaluation of a Piano Learning Support System Focusing on the Learning Process. Proceedings of World Conference on Educational Media and Technology, 2306-2314. [Full Paper] [2013.6.24 Victoria, Canada]
  9. TSUBAKIMOTO,M. (2012) Can Incubation be efficient in Reviewing ?. 34th annual meeting of the Cognitive Science Society (CogSci2012), No.160, Poster Session1[Poster] [2012.8.2 Sapporo, Japan]
  10. OTSUKA,H.,TSUBAKIMOTO,M., and NUMATA,H. (2012) Analysis of the relationship between writing skills and evaluation in an expository writing assignment. 34th annual meeting of the Cognitive Science Society (CogSci2012), No.198, Poster Session2[Poster] [2012.8.3 Sapporo, Japan]
  11. TSUBAKIMOTO,M. (2011) Development and Technical Evaluation an Interactive Environment for Term Paper Grading Support System in Higher Education. World Conference on E-Learning in Corporate, Government, Healthcare, & Higher Education (E-Learn Conference) Proceedings, 966-972[Poster] [2011.10.18 Honolulu, Hawaii, USA]
  12. SATO,T., ASAKURA,T., and TSUBAKIMOTO,M. (2011) "Pekay's Little Author": Developing a Storybook Creation Software for Family Narratives. In T.Bastiaens & Ebner (Eds.) Proceedings of World Conference on Educational Multimedia, Hypermedia & Telecommunications, 1203-1208. [Poster] [2011.6.27 Lisbon, Portugal]
  13. Yamauchi,Y.,TSUBAKIMOTO,M.,Kitamura,S., Misono,T., Otsuji,Y., and Suzuki,H. (2011) The Socla Project: an Attempt to Build an Innovative Study Environment through SNS Linkage of Second-Year High School Students and Working Adults. In T.Bastiaens & Ebner (Eds.) Proceedings of World Conference on Educational Multimedia, Hypermedia & Telecommunications, 1276-1282.[Poster] [ 2011.6.27 Lisbon, Portugal]
  14. TSUBAKIMOTO,M. (2010) Designing an Interactive and Visual Environment for Term Paper Grading Support System in Higher Education, The 18th International Conference on Computers in Education, 95-97.[Poster] [ 2010.12.1 Putrajaya, Malaysia]
  15. OSHIRO,A., TSUBAKIMOTO,M., KITAMURA,S., and YAMAUCHI,U. (2010) Can a Collaborative Note-taking Method Facilitate External Connections between Lecture Material and Students’Prior Knowledge: An Experimental Study, The 18th International Conference on Computers in Education, 392-396.[Short Paper] [ 2010.12.2 Putrajaya, Malaysia]
  16. KURIHARA,K., MOCHIZUKI,T., OURA,H., TSUBAKIMOTO,M.,NISHIMORI,T., NAKAHARA,J., YAMAUCHI,Y., and NAGAO,K. (2010) Linearity and Synchrony: Quantitative Metrics for Slide-based Presentation Methodology, In Proceedings of 12th International Conference on Multimodal Interfaces and 7th Workshop on Machine Learning for Multimodal Interaction (ICMI-MLMI 2010), 33:1-33:4 [Short Paper] [2010.11 Beijing ,China]
  17. TSUBAKIMOTO,M., YANAGISAWA,M., AKAHORI,K. (2009) Examination of Aspects of Term Paper-Grading Assisted by Visualization, The 16th International Meeting of the Psychometric Society Proceedings(Topic Area: Psychometric Data Mining), 152. (Abstract) [Poster] [2009.7 Cambridge, UK]
  18. KURIHARA, K., MOCHIZUKI, T., OURA, H., TSUBAKIMOTO,M., NISHIMORI, T., NAKAHARA, J., YAMAUCHI, Y., WATANABE, S. (2009) Borderless Canvas: Development of a Multi-display Discussion Software for Knowledge-emergent Presentations, Proceedings of World Conference on Educational Media and Technology, 3676-3681. [Full Paper] [2009.6 Honolulu, Hawaii, USA]
  19. MOCHIZUKI,T., OURA,H., SATO,T., NISHIMORI,T., TSUBAKIMOTO,M., NAKAHARA, J., YAMAUCHI, Y., HENRIK,J., MATSUMOTO,K., WATANABE,S., and Miyatani,T. (2009) eJournalPlus?: Development of a Collaborative Learning System for Constructive and Critical Reading Skills, Computer Supported Collaborative Learning(CSCL) Conference Proceedings, 100-102. [Poster] [2009.6 Rhodes, Greece]
    【Best Technology Design Paper Award】
  20. TSUBAKIMOTO,M., MOCHIZUKI,T., NISHIMORI,T., SATO,T., OURA,H.,NAKAMURA,Y., OHNO,T., WATANABE,S., HENRIK,J., MATSUMOTO,K., WADA,H., MIYATANI,T., NAKAHARA,J., YAMAUCHI,Y. (2008) The Impact of Making a Concept Map for Constructive Reading with the Critical Reading Support Software “eJournalPlus?". World Conference on E-Learning in Corporate, Govemment, Healthcare, & Higher Education (E-Learn Conference) Proceedings, 506-514. [Full Paper] [2008.11 Las Vegas, Nevada, USA]
  21. TSUBAKIMOTO,M., YANAGISAWA,M., AKAHORI,K. (2007) The Development and Evaluation of the Term Paper Grading Assistance Map Visualizing Contents and its Scores, Supporting Learning Flow through Integrative Technologies, T.Hirashima et al. (Eds.) IOS Press,, 197-204. [ISBN: 978-1-58603-797-0] [Full Paper] [2007.11 Hiroshima, Japan]
  22. TSUBAKIMOTO,M., YANAGISAWA,M., AKAHORI,K. (2006) Examination of Maps’ Cognitive Effects as a Report-Evaluation-Support Tool Using a Two-Dimensional Map, Development and Technical Evaluation an Interactive Environment for Term Paper Grading Support System in Higher Education. World Conference on E-Learning in Corporate, Govemment, Healthcare, & Higher Education (E-Learn Conference) Proceedings, 3077-3083. [Full Paper] [2006.10 Honolulu, Hawaii, USA]
  23. TSUBAKIMOTO,M., AKAHORI,K. (2005) The Development and Evaluation of a Japanese Language Paper-Grading Support System for the University Level, Towards Sustainable and Scalable Educational Innovations Informed by the Learning Sciences, IOS Press, 482-489. [ISBN: 1-58603-573-8][Full Paper] [2005.12 Singapore, Singapore]
  24. TSUBAKIMOTO,M., KISHI,M., AKAHORI,K. (2004) Development of Paper Evaluation Support System In an University Education, International Conference on Computers in Education (ICCE) Proceedings, 1179-1183. [Full Paper] [2004.12 Melbourne, Australia]
  25. TSUBAKIMOTO,M., KISHI,M., AKAHORI,K. (2004) An Application possibility of Latent Semantic Analysis (LSA) -Examination by persuasive texts-, Society for Information Technology & Teacher Education (SITE) Conference Proceedings, 270-275. [Short Paper] [2004.3 Atlanta, Georgia]

国内学会・研究会

  1. 椿本弥生, 冨永敦子(2017)ライティングの反転授業が文章産出困難感に与える影響. 日本教育心理学会第59回総会発表論文集, 228.(於 名古屋国際会議場 2017年10月7日)
  2. 冨永敦子, 椿本弥生(2017)大学生を対象としたライティング反転授業におけるeラーニングの効果. 日本教育心理学会第59回総会発表論文集, 227.(於 名古屋国際会議場 2017年10月7日)
  3. 椿本弥生(2017)教育評価の認識とメタ認知との関連. 日本教育工学会第33回総会論文集, 457-458.(於 島根大学 2017年9月16日)
  4. 松田岳士, 渡辺雄貴, 松河秀哉, 立石慎治, 椿本弥生, 山下英明(2017)学生指導を目的としたIRシステムの開発と形成的評価, 日本教育工学会第33回総会論文集, 599-560. (於 島根大学 2017年9月17日)
  5. 伊藤恵,椿本弥生,白石陽,奥野拓(2017)プログラミング教育のためのメモ用紙活用における電子ペーパー利用の試み. In printing.
  6. 井上陽介,土橋佳祐,山香俊也,今田侑那,佐々木智弘,坂本直優,田中大也,佐々木理子,青柳誠也,武元晴輝,阿保達也,今本浩貴,内藤直人,曲木拓郎,平山直哉,椿本弥生,高村博之,マイケル・ヴァランス,ドミニク・カスッジャ・バゲンダ,角薫(2016)ゲーム・デ・エデュケーション:「ゲームで教育」プロジェクトにおける学習支援ゲーム,情報処理北海道シンポジウム2016,情報処理学会(2016.10)
  7. 椿本弥生,冨永敦子,中村美智子,大塚裕子,高橋理沙(2016)大学初年次生の進路選択に関わる学習方略―メタ認知方略の活用度の差に着目して―.日本教育工学会第32回総会論文集, pp.717-718(於 大阪大学 2016年9月18日)
  8. 中村美智子,冨永敦子,椿本弥生,大塚裕子,高橋理沙(2016)利用者満足度への規定要因からみたチューター研修の成果.日本教育工学会第32回総会論文集, pp.677-678(於 大阪大学 2016年9月18日)
  9. 椿本弥生, 冨永敦子(2016)文章産出困難感尺度の因果関係の検討ー大学初年次の文章産出の訓練は因果関係を変化させるかー.日本教育心理学会第58会総会発表論文集, p.345(於 サンポートホール高松・かがわ国際会議場 2016年10月8日)
  10. 冨永敦子, 椿本弥生(2016)レポート執筆におけるアウトラインツール利用の効果―大学生は論理関係を正しく判定できるか―.日本教育心理学会第58会総会発表論文集, p.587(於 サンポートホール高松・かがわ国際会議場 2016年10月9日)
  11. 皀 勢也, 伊藤 恵, 椿本弥生(2016)既存の学習指導案作成方法の分析および作成支援ツールの提案ーアクティブラーニング型授業の導入支援を題材にしてー.第41回教育システム情報学会全国大会講演論文集, pp.339-340(於 帝京大学宇都宮キャンパス 2016年8月31日)
  12. 冨永敦子, 椿本弥生, 大塚裕子(2016)情報系実習授業において重視されるTAの資質. 教育システム情報学会研究報告, 30(6), pp.7-14(於 東京工芸大学中野キャンパス 2016年3月19日)
  13. 伊藤恵, 椿本弥生(2016)プログラミング教育における吹き出し導入の試みと分析. 教育システム情報学会研究報告, 30(5), pp.13-20(於 関西大学 2016年1月30日)
  14. 椿本弥生, 冨永敦子, 大塚裕子(2015)論理的文章の産出支援要素の活用度による学習者分類. 日本教育工学会第31回全国大会講演論文集, pp.623-624(於 電気通信大学 2015年9月22日)
  15. 中村美智子, 冨永敦子, 大塚裕子, 椿本弥生, 高橋理沙(2015)ピア・チュータリングの利用者満足度に影響を与える要因. 日本教育工学会第31回全国大会講演論文集, pp.147-148(於 電気通信大学 2015年9月21日)
  16. 冨永敦子, 大塚裕子, 中村美智子, 椿本弥生, 高橋理沙(2015)学習支援センターにおけるチュータリングが利用者に与える影響. 日本教育工学会第31回全国大会講演論文集, pp.145-146(於 電気通信大学 2015年9月21日)
  17. 大塚裕子, 藤田 篤, 椿本弥生, 伊藤 恵(2015)教育関連テキストデータの解析に基づく大学暗黙知の顕在化. 日本教育工学会第31回全国大会講演論文集, pp.169-170(於 電気通信大学 2015年9月21日)
  18. 冨永敦子, 大塚裕子, 椿本弥生(2015)アウトラインツールが大学生の文章産出困難感に与える影響. 日本教育心理学会第57会総会発表論文集, p.226 (於 新潟大学 2015年8月26日)
  19. 伊藤恵, 白石陽, 椿本弥生, 大西昭夫(2015)小テスト受験可視化モジュールと プログラミング演習データ分析. 日本ムードル協会全国大会発表論文集(Kyoto, JAPAN)pp.6-10
  20. 小泉ふゆか, 南部美砂子, 椿本弥生(2015)ソーシャルメディアとワークショップによる循環型作問学習環境の開発と評価. 情報処理学会第129回コンピュータと教育研究発表会報告 2015−CE-129 (09), pp.1-9(於 筑波大学 2015年3月21日)
  21. 藤田篤, 柏野和佳子, 大塚裕子, 冨永敦子, 椿本弥生(2015)文章作成・推敲教育に向けた詳細なアウトラインの仕様設計と修辞構造情報付与の試み.言語処理学会第21回年次大会発表論文集, pp.241-244(2015年3月17日)
  22. 冨永敦子, 大塚裕子, 椿本弥生(2015)詳細化アウトラインを用いた文章表現授業の実践. 日本教育工学会研究報告集15(1), pp. 277-284(於 九州大学 2015年02月28日)
  23. 田柳恵美子, 平田圭二, 竹川佳成, 椿本弥生(2014)音楽演奏熟達化研究への一人称物語記述手法の導入. 知識共創 Vol.4, pp. Ⅲ5-1-10. (2014.3)(知識共創フォーラム組織委員会)
  24. 横山真衣, 椿本弥生 (2014) 学習センター「メタ学習ラボ」におけるチューターによるふりかえりの分析-共起ネットワークを用いて-. 日本教育工学会研究会(JSET14-1), pp.13-18
  25. 望月俊男, 椿本弥生 (2014) 批判的読解支援ソフトウェアeJournalPlus?を使ったピアレスポンス活動の効果. 日本教育工学会研究会(JSET14-1), pp.225-232
  26. 椿本弥生 (2014) 教育工学の立場から.(於 演奏熟達化を対象とした一人称研究の勧め. オーガナイズドセッション1 『ピアノ学習者の熟達化モデルの構築』 パネルトーク)
  27. 竹川佳成, 平田圭二, 田柳恵美子, 椿本弥生 (2014) 学習方略の物語化に着目したピアノ学習支援システムの構築に向けて. 情報処理学会 音楽情報科学研究会 第102回研究発表会, IPS SIG Technical Report Vol.2014-MUS-102 No.7 2014/2/23 pp.1-8
  28. 田村速人, 竹川佳成, 平田圭二, 田柳恵美子, 椿本弥生 (2014) 成人ピアノ初級者の演奏熟達におけるチャンク形成過程の分析. 情報処理学会 音楽情報科学研究会 第102回研究発表会, IPS SIG Technical Report Vol.2014-MUS-102 No.8 2014/2/23 pp.1-8
  29. 伊藤恵, 佐藤智紀, 椿本弥生, 白石陽 (2014) プログラミング授業における自習用小テストの導入と実践. Moodle Moot Japan in Okinawa Program & Abstracts, pp.28-29(於 沖縄国際大学 2014年2月20日)[査読あり]
  30. 竹川佳成, 椿本弥生, 田柳恵美子, 平田圭二 (2013) 鍵盤上への演奏補助情報投影機能をもつピアノ学習支援システムにおける熟達化プロセスに関する調査. Workshop on Interactive Systems and Software (WISS 2013) 論文集, 55-60 [査読あり]
  31. 佐藤朝美, 椿本弥生, 朝倉民枝 (2013) Family Narrative支援活動「未来の君に贈るビデオレター作成WS」の実践と評価. 第10回子ども学会学術集会, p29
  32. 椿本弥生, 大塚裕子 (2013) 教員間の会話のテキストマイニングによるFDの試み. 日本教育工学会第29回全国大会講演論文集, 971-972
  33. 佐藤智紀, 椿本弥生, 伊藤 恵 (2013) 学習方法の習得を目的とした学習センターによるプログラミング学習支援の実践. 日本教育工学会第29回全国大会講演論文集, 415-416
  34. 大塚裕子, 中村美智子, 椿本弥生, 高橋理沙 (2013) 新入生を対象とした進路選択のためのオリエンテーション. 日本教育工学会第29回全国大会講演論文集, 983-984
  35. 美馬のゆり, 鈴木克明, 椿本弥生, 渡辺雄貴, 根本淳子, 大塚裕子 (2013) ピアチュータリングを取り入れた高等教育における統合型学習支援システムの開発. 日本教育工学会第29回全国大会講演論文集, 167-170
  36. 小泉ふゆか, 椿本弥生(2013)学習過程を重視したプログラミング作問学習のメタ学習ラボによる実践と評価. 日本教育工学会研究報告集(JSET13-3), 37-44(於 岩手大学 2013年7月6日)
  37. 佐藤智紀, 伊藤 恵, 椿本弥生, 奥野 拓, 大場みち子(2013)学習者の傾向に基づくプログラミング自習支援の出題形式改善と結果.教育システム情報学会全国大会講演論文集, 385-386
  38. 佐藤正徳, 淡路拓也, 岸野亜理沙, 大木開登, 濱登 強, 鈴木昭二, 奥野 拓, 椿本弥生(2013)函館観光のためのARコンテンツの制作と評価. 観光情報学会 第10回全国大会発表概要集, 48-49(於 北見工業大学 2013年6月15日)
  39. 竹川佳成, 椿本弥生, 田柳恵美子, 平田圭二(2013)鍵盤上への演奏補助情報投影機能をもつピアノ学習支援システムにおける熟達化プロセスの調査.情報処理学会研究報告, EC-27(7), 1-8(於 公立はこだて未来大学 2013年3月15日)【情報処理学会 山下記念研究賞(発表者の竹川先生に対する賞)】
  40. 伊藤 恵, 佐藤智紀, 椿本弥生,奥野 拓, 大場みち子(2013)プログラミング自習環境の利用事例に基づく問題分析と継続的改善のための考察.教育システム情報学会研究報告, 27(6), 189-194
  41. 柏野和佳子, 立花幸子, 保田 祥, 飯田 龍, 丸山岳彦, 奥村 学, 佐藤理史, 徳永健伸, 大塚裕子, 佐渡島紗織, 椿本弥生, 沼田 寛(2013)BCCWJ図書館サブコーパス全テキストへの文体情報付与結果の分析.第3回 コーパス日本語学ワークショップ予稿集, 63-70 (於 国立国語研究所 2013年2月28日)
  42. 伊藤 恵, 佐藤智紀, 椿本弥生(2012)プログラミング学習者向け自習環境の構築と利用事例分析.教育システム情報学会研究報告, 27(4), 9-13
  43. 椿本弥生 (2012) 説得文における推敲方略への探索的因子分析. 日本教育心理学会第54回総会発表論文集, 98(琉球大学 2012年11月23日)
  44. 望月俊男, 椿本弥生 (2012) 批判的読解におけるピアレスポンス活動のコメント付与方法に関する検討. 日本教育心理学会第54回総会発表論文集, 92(琉球大学 2012年11月23日)
  45. 椿本弥生, 大塚裕子, 高橋理沙, 美馬のゆり (2012) メタ学習ラボ:ピア・チュータリング環境の開発と運用. 日本教育工学会第28回全国大会講演論文集, 939-940(於 長崎大学 2012年9月17日)
  46. 佐藤朝美, 朝倉民枝, 椿本弥生 (2012) 幼児のNarrative Skill 発達につながる家族Narrative 支援「未来の君に贈るビデオレター」の活動デザインと実践. 日本教育工学会第28回全国大会講演論文集, 365-366(於 長崎大学 2012年9月15日)
  47. 椿本弥生(2012)眼球運動測定による文章推論の認知過程の探求. 国立国語研究所「テキストの多様性を捉える分類指標の策定」 研究会(於 公立はこだて未来大学 2012年6月25日)
  48. 大塚裕子, 沼田 寛, 椿本弥生, 不破崇行 (2012) 解説文作成課題における文章技術と評価の分析. 言語処理学会第18回年次大会発表論文集, 30-33.
  49. 横山真衣, 椿本弥生(2012)学習センター「メタ学習ラボ」におけるeポートフォリオ活用実践.日本教育工学会研究報告集(JSET12-5), (於 東京学芸大学 2012年12月15日), 17-24.
  50. 宮武志保, 横山真衣, 大塚裕子, 椿本弥生(2012)大学における学習ポートフォリオ作成を支援する実践報告.日本教育工学会研究報告集(JSET12-5), (於 東京学芸大学 2012年12月15日), 9-16.
  51. 柏野和佳子, 立花幸子, 保田 祥, 飯田 龍, 丸山岳彦, 奥村 学, 佐藤理史, 徳永健伸, 大塚裕子, 佐渡島紗織, 椿本弥生, 沼田 寛(2012)書籍テキストへの文体情報付与の試み -『現代日本語書き言葉均衡コーパス』の収録書籍を対象に-.第2回 コーパス日本語学ワークショップ予稿集, (於 国立国語研究所 2012年9月6日), 155-164.
  52. 椿本弥生,沼田 寛, 大塚裕子(2012)大学初年次のアカデミックライティング授業における学習者のメタ認知的知識と最終課題得点との関係.第18回大学教育研究フォーラム発表論文集, (於 京都大学 2012年3月15日), 61-62.
  53. 沼田 寛, 不破崇行, 大塚裕子, 椿本弥生,(2012)日本語ライティング指導への用語集モジュールの活用.Moodle Moot Japan 2012 in 三重(於 三重大学 2012年2月22日).
  54. 椿本弥生(2011)文章推敲過程における「寝かせ」後の修正観点に関する分析ーS-P表を用いてー.日本教育工学会第27回全国大会講演論文集, , 659-660.
  55. 根本淳子, 椿本弥生, 渡辺雄貴, 美馬のゆり, 鈴木克明(2011)高等教育機関における学習支援アプローチとその役割ー米国学習センターの事例から得られたことー.日本教育工学会第27回全国大会講演論文集 , 865-866.
  56. 高橋 薫, 椿本弥生, 北村 智, 大辻雄介, 鈴木 久, 山内祐平(2011)高校生を対象としたグループでの相互推敲を支援するシステム「Re:」の開発と評価.日本教育工学会第27回全国大会講演論文集, , 875-876.
  57. 山内祐平, 北村 智, 椿本弥生, 御園真史, 大辻雄介, 鈴木 久(2011)ソーシャルメディアを利用したキャリア学習環境.日本教育工学会第27回全国大会講演論文集, , 943-944.
  58. 佐藤朝美, 朝倉民枝, 椿本弥生(2011)幼児のNarrative Skill発達につながるFamily Narrativeの支援に関する研究.日本教育工学会第27回全国大会講演論文集, , 653-654.
  59. 山口 琢, 椿本弥生,大場みち子, 高橋 修(2011)視点の可視化によって文章推敲を支援するシステムの提案.情報科学技術フォーラム講演論文集 10(1), (於 函館大学 2011年9月8日), 291-292.
  60. 山口 琢, 椿本弥生,大場みち子, 高橋 修(2011)文章推敲と評価を支援するシステムの開発に向けての考察.情報処理学会研究報告(IPSJ SIG Technical Report) ,2011-DD-81, 4, (於 公立はこだて未来大学 2011年7月21日), 1-6.
  61. 望月俊男, 椿本弥生, 大城明緒(2011)eJournalPlus?を使った複数文章の読解と知識構築のプロセスの分析.日本教育工学会研究会研究報告集 JSET 10-6,(於 静岡大学 2011年3月5日), 319-324.
  62. 望月俊男, 椿本弥生(2010)読解支援システムeJournalPlus?を使った知識構築活動の支援. 日本教育心理学会第52会総会自主シンポジウム「大学生のレポートライティング教育の実践・研究の現状と課題」(課題番号:J011)), 日本教育心理学会第52回総会論文集, 114-115.
  63. 椿本弥生 (2010) 文章産出過程における「寝かせ」の効果検証のための予備調査, 日本教育工学会第26回全国大会講演論文集, 645-646.
  64. 大城明緒, 椿本弥生,北村 智, 山内祐平 (2010) 講義における外的関連づけを支援する協同ノートテイキング方法に関する検討, 日本教育工学会第26回全国大会講演論文集, 925-926.
  65. 佐藤朝美, 椿本弥生,朝倉民枝 (2010) 家族内コミュニケーションを支援するデジタルストーリーテリングシステムの開発研究, 日本教育工学会第26回全国大会講演論文集, 977-978.
  66. 椿本弥生 (2010) 文章産出過程における「寝かせ」に関する意識調査, 日本教育心理学会第52回総会論文集, 522.
  67. 椿本弥生, 青木雅之, 神谷知子, 屋代健治, 福地敬之, 久保昌也, 望月俊男, 山内祐平(2010), 言語力の育成を支援するソフトウェアeJournalPlus?を用いた国語科授業の実践.日本教育工学会研究会研究報告集 JSET 10-5,(於 大分大学 2010年12月18日), 87-94.
  68. 椿本弥生, 柳沢昌義, 赤堀侃司 (2009) 可視化によって支援可能なレポート採点の側面の検討, 日本教育工学会第25回全国大会講演論文集, 761-762. 【日本教育工学会 第25回 研究奨励賞】
  69. 望月俊男, 大浦弘樹, 椿本弥生, 佐藤朝美, 西森年寿, 渡部信一, ヨハンソン ヘンリク (2009) 複数の文章の比較統合を通した批判的読解を支援する学習環境の開発とその評価, 日本教育工学会第25回全国大会講演論文集, 537-538.
  70. 高橋 薫・村松浩幸・金 隆子・金 俊次・村岡 明・椿本弥生・堀田龍也 (2009) アントレプレナー教育における「ことばの力」の変容, 日本教育心理学会第51回総会論文集, 237.
  71. 栗原一貴, 椿本弥生, 望月俊男, 大浦弘樹, 西森年寿, 中原 淳, 山内祐平, 渡部信一(2009)ZUIを利用した多画面対応議論ソフトウェアBorderless Canvas. 第134回情報処理学会ヒューマンコンピュータインタラクション研究会研究報告(IPSJ SIG Technical Report),(於 フォレスタ鳥海, 秋田, 2009年7月17日), (電子配布)
  72. 椿本弥生, 中村光伴, 岸 学(2009)LSAを用いた説明文指導ポイントの自動選定の試み.日本教育工学会研究会研究報告集 JSET 09-1,(於 椙山女学園大学 2009年3月7日), 121-124.
  73. 栗原一貴, 椿本弥生, 望月俊男, 大浦弘樹, 西森年寿, 中原 淳, 山内祐平, 渡部信一(2009)知識創発型プレゼンテーションのための多画面対応議論ソフトウェアの開発. 日本教育工学会研究会研究報告集 JSET 09-1,(於 椙山女学園大学 2009年3月7日), 231-238.
  74. 椿本弥生, 望月俊男, 大浦弘樹, 西森年寿, 佐藤朝美, 中村裕司, 大野喬史, 舘野泰一, 三宅正樹, 渡部信一, ヨハンソン ヘンリク, 松本健一郎, 和田 肇, 宮谷 隆, 中原 淳, 山内祐平 (2008) 批判的読解を支援するソフトウェアeJournalPlus?の試用における文章読解・産出活動の様相, 日本教育心理学会第50回総会論文集, 79.
  75. 椿本弥生, 望月俊男, 西森年寿, 佐藤朝美, 大浦弘樹, 中村祐司, 大野喬史, 渡部信一, ヨハンソン ヘンリク, 松本健一郎, 和田 肇, 宮谷 隆, 中原 淳, 山内祐平 (2008) 批判的読解を支援するソフトウェアeJournalPlus?の概念地図が対話的読解に及ぼす効果, 日本教育工学会第24回全国大会講演論文集, 843-844.
  76. 山内祐平, 椿本弥生, 西森年寿, 望月俊男, 久松慎一, 林一雅, 大浦弘樹, 中原淳 (2008) 映像検索システムMEET Video Explorerの授業における評価, 日本教育工学会第24回全国大会講演論文集, 839-840.
  77. 望月俊男, 大浦弘樹, 佐藤朝美, 西森年寿, 椿本弥生, 渡部信一, ヨハンソン ヘンリク, 松本健一郎, 加藤賢次郎, 和田肇, 宮谷隆, 中原淳, 山内祐平 (2008) 批判的読解学習支援システムeJournalPlus?の協調学習支援機能の開発, 日本教育工学会第24回全国大会講演論文集, 841-842.
  78. 高橋薫, 村松浩行, 金隆子, 金俊次, 村岡明, 椿本弥生, 堀田龍也 (2008) 中学校の総合的な学習におけるアントレプレナーシップ教育の試み-言語力育成の観点から実践を振り返る-, 日本教育工学会第24回全国大会講演論文集, 649-650.
  79. 椿本弥生, 柳沢昌義, 赤堀侃司(2008)キーワードを意識した文章産出がレポート評価に及ぼす影響.日本教育工学会研究会研究報告集 JSET 08-1, (於 名古屋大学 2008年3月1日), 179-182.
  80. 高橋 薫, 村松浩幸, 金 隆子, 金 俊次, 村岡 明, 椿本弥生, 堀田龍也(2008)アントレプレナーシップ教育(起業育成教育)における中学生のことばの力の変容.日本知財学会第6回知財教育研究会(於 政策研究大学院大学 2008年2月2日)
  81. 椿本弥生, 柳沢昌義, 赤堀侃司 (2007) 大学教員におけるレポート実施と採点の現状に関する調査, 日本教育工学会第23回全国大会講演論文集, 939-940.
  82. 椿本弥生, 柳沢昌義, 赤堀侃司 (2007) 内容と得点の可視化による文章採点支援と認知的誘導効果-情報教育のレポート文章による検討-, 日本教育心理学会第49回総会論文集, 603.
  83. 三尾綾子, Prach Chaisatien, 椿本弥生, 御園真史, 柳沢昌義, 赤堀侃司 (2007) 癒しを目的としたアバタの開発とその効果の検討.日本教育工学会 2006年度 研究会「授業実践とメディア活用」, 発表番号A-07.
  84. 椿本弥生, 柳沢昌義, 赤堀侃司 (2006) 二次元マップを利用したレポート評価支援ツールにおけるマップの認知的誘導効果の検討, 日本教育工学会第22回全国大会講演論文集, 283-284.
  85. 椿本弥生, 中村光伴, 岸 学 (2006) 小論文評価は文章のどこに注目して行われるのか‐Key WordとKey Sentenceによる検討‐, 日本教育心理学会第48回総会論文集, 349.
  86. 赤堀侃司, 北澤 武, 守末 恵, 椿本弥生, 西澤幹雄, 河村直人 (2006) シニア向けパソコンソフトとパソコン教室が老化防止に与える効果. 日本科学教育学会年会論文集, Vol.30, 435-436.
  87. 椿本弥生, 赤堀侃司 (2005) 主観的評価の揺らぎを軽減するレポート採点支援システムの開発と評価. 日本教育工学会第21回全国大会講演論文集, 391-392.
  88. 椿本弥生, 中村光伴, 岸 学, 赤堀侃司 (2005) LSAを用いた説明文指導ポイントの自動選定, 日本教育心理学会第47回総会論文集, 562.
  89. 椿本弥生, 赤堀侃司 (2004) レポート採点支援システムの開発と評価, 日本教育工学会第20回全国大会講演論文集, 635-636.
  90. 椿本弥生, 北澤 武, 小佐野隆治, 加藤 浩, 赤堀侃司 (2004) 理科教育における効果的なIT教材の活用法に関する調査研究. 日本科学教育学会第28回年会論文集, Vol.28, 567-568.
  91. 椿本弥生, 中村光伴, 岸 学, 赤堀侃司 (2004) 文章読解指導へのLatent Semantic Analysisの適用可能性 ‐説明文による検討‐, 日本教育心理学会第46回総会論文集, 549.
  92. 赤堀侃司, 北澤 武, 椿本弥生, 高木洋子 (2004) 教師と児童・生徒間のコミュニケーションに関する国際比較. 日本科学教育学会第28回年会論文集, Vol.28, 507-508.
  93. 椿本弥生, 赤堀侃司 (2003) Webベース文章評価システムの開発に向けての検討ーLatent Semantic Analysis (LSA) を用いてー, 日本教育工学会第19回全国大会講演論文集, 751-752.
  94. 北澤 武, 椿本弥生, 加藤 浩, 赤堀侃司 (2004) 小学校理科教育におけるe-Learningシステム「理科ネット」の開発と評価. 日本科学教育学会第28回年会論文集, 495-496.
  95. 中村光伴, 椿本弥生, 岸 学 (2003) 文章評価へのLatent Semantic Analysis(LSA)の適用可能性 ‐説得的文章による検討‐, 日本教育心理学会第45回総会論文集, 84.
  96. 北澤 武, 椿本弥生, 賴 瓊虹, 菊地秀文, 永井正洋, 加藤 浩, 赤堀侃司 (2003) 理科教育における学習教材のバーチャル化と理科嫌いとの関係についての調査研究. 日本科学教育学会年会論文集 27, 445-446.

報告書

  1. 椿本弥生, 千葉県総合教育研究センター (2010) ソフトウェアを活用した効果的な学習指導―eJournal PlusとBorderless Canvasの活用を通じて―.千葉県総合教育センター研究報告第385号, 1-28.
  2. 望月俊男, 西森年寿, 大浦弘樹, 佐藤朝美, 椿本弥生 (2009) 批判的読解力を育成するための協調学習環境の構築とその学習効果の実践的評価. 電気通信普及財団 研究調査報告書 No.24, 201-210.
  3. 高橋 薫, 村松浩幸, 金 隆子, 金 俊次, 村岡 明, 椿本弥生, 堀田龍也 (2009) アントレプレナーシップ教育で育まれる「ことばの力」の検証. (財)博報児童教育振興会 第3回 博報「ことばと教育」研究助成 研究成果論文集, 31-45.
  4. 赤堀侃司, 三尾綾子, Prach Chaisatien, 椿本弥生, 御園真史, 柳沢昌義 (2007) マルチメディアを利用した「癒し」を促進する学習環境の構築のための実証的研究(課題番号:17650254). 平成17・18年度 科学研究費補助金(萌芽研究) 研究成果報告書.
  5. 赤堀侃司, 北澤 武, 椿本弥生 (2005) 理数科系教科における学習教材のバーチャル化と理数嫌いとの関係についての調査研究-(研究課題番号:1502012). 平成15・16年度 科学研究費補助金 (特定領域研究(1)) 研究成果報告書.
  6. 赤堀侃司, 北澤 武, 椿本弥生, 粕谷英子 (2004) 教師と児童・生徒間のコミュニケーションに関する国際比較. (財)中央教育研究所 研究報告, No.63.
  7. 岸 学, 中村光伴, 辻 義人, 白井裕美子, 吉田裕明, 椿本弥生, 岡田今日子 (2002) テクニカルコミュニケーション技能の指導法に関する基礎的研究(研究課題番号:14580270), 平成14-16年度 科学研究費補助金 (基盤研究(C)(2)) 研究成果報告書.

記事

外部資金獲得実績

科学研究費補助金

  1. 椿本弥生 (2017) 学習支援センターにおける重点スキルの実証と研修教材の開発(課題番号: 17K01086)平成29-33年度 科学研究費補助金 基盤研究(C)
  2. 犬塚美輪, 沖林洋平, 田中優子, 道田泰司, 椿本弥生, 石原泰臣 (2015) メディアの混合利用における批判的思考プロセスおよびその促進方法の検討(課題番号: 15K04084)平成27-30年度 科学研究費補助金 基盤研究(C)
  3. 山下英明, 永井正洋, 渡辺雄貴, 松田岳士, 椿本弥生, 松河秀哉, 大森不二雄, 林 祐司, 立石慎治 (2014) 高等教育機関におけるFD・SDを目的としたOR支援型IRシステムの開発(課題番号: 26282057). 平成26-28年度 科学研究費補助金 基盤研究(B)(分担).
  4. 椿本弥生, 大塚裕子, 藤田 篤, 柏野和佳子, Peter Ruthven-Stuart, Dominic Kasujja Bagenda(2013)論理的文章を推敲する力を涵養するFlip Education環境の構築と評価(課題番号: 25282060).平成25-28年度 科学研究費補助金 基盤研究(B)(代表).
  5. 椿本弥生, 德永健伸, 飯田 龍(2013)「寝かせ」が文章推敲に及ぼす効果の眼球運動による測定(課題番号: 25540060).平成25-28年度 科学研究費補助金 挑戦的萌芽研究(代表).
  6. 望月俊男, 椿本弥生, 山下清美, 加藤 浩(2013)プロジェクト学習の評価へのナラティブ・アプローチ(課題番号: 25560120). 平成25-27年度 科学研究費補助金 挑戦的萌芽研究.
  7. 美馬のゆり, 鈴木克明, 大塚裕子, 根本淳子, 椿本弥生, 渡辺雄貴(2012)ピアチュータリングを取り入れた高等教育における統合型学習支援システムの開発(課題番号: 24300287).平成24-26年度 科学研究費補助金 基盤研究(B) .
  8. 椿本弥生(2010)高等教育における可視化マップを介したインタラクティブなレポート採点支援環境の構築(課題番号:22700800), 平成22-23年度 科学研究費補助金 若手研究 (B) (代表).
  9. 佐藤朝美,椿本弥生, 朝倉民枝(2010)家族内コミュニケーションを支援するデジタルストーリーテリングシステムの開発研究(課題番号:22610004), 平成22-24年度 科学研究費補助金 基盤研究(C).
  10. 椿本弥生(2008)KnowledgeWorker?を育成するアクティブラーニング環境の構築と評価(課題番号:20800018), 平成20-21年度 科学研究費補助金 若手スタートアップ.

その他

  1. 椿本弥生, 中村美智子, 冨永敦子, 大塚裕子(2015)正課・課外教育の連携における学習効果測定とチューター育成に関する研究. 平成27年度 公立はこだて未来大学学内競争的資金 教育方法研究部門(E06)
  2. 冨永敦子, 大塚裕子, 椿本弥生(2015)TAガイドブック(パイロット版)の作成. 平成27年度 公立はこだて未来大学学内競争的資金 教育方法研究部門(E07)
  3. 田柳恵美子, 南部美砂子, 大塚裕子, 椿本弥生(2015)未来大生のためのフィールドワーク教育実践の体系化:フェーズ2. 平成27年度 公立はこだて未来大学学内競争的資金 教育方法研究部門(E08)
  4. 伊藤 恵, 白石 陽, 椿本弥生(2015)自律的なプログラミング学習方法習得を支援する教材開発とその改善. 平成27年度 公立はこだて未来大学学内競争的資金 教育方法研究部門(E03)
  5. 平田圭二, 竹川佳成, 田柳恵美子, 椿本弥生(2015)振り返りとアノテーション共有に着目した ピアノ演奏学習支援システム. 平成27年度 公立はこだて未来大学学内競争的資金 通常領域研究部門(B11)
  6. 平田圭二, 竹川佳成, 田柳恵美子, 椿本弥生(2014)学習方略の物語化と相対化に着目した技芸熟達支援システムに関する研究. 平成26年度 公立はこだて未来大学学内競争的資金 通常領域研究部門(B29)
  7. 田柳恵美子, 南部美沙子, 椿本弥生, 大塚裕子(2014)未来大生のための質的研究法とフィールドワーク技法のリテラシー体系化. 平成26年度 公立はこだて未来大学学内競争的資金 教育方法研究部門(E10)
  8. 大塚裕子, 藤野雄一, 南部美沙子, 椿本弥生(2014)ワークショップの包括的評価研究. 平成26年度 公立はこだて未来大学学内競争的資金 教育方法研究部門(E09)
  9. 中村美智子, 椿本弥生, 大塚裕子, 高橋理沙(2014)メタ学習ラボ・ピアチューターのパフォーマンス評価の実践と検証. 平成26年度 公立はこだて未来大学学内競争的資金 教育方法研究部門(E06)
  10. 伊藤 恵, 白石 陽, 奥野 拓, 大場みち子, 椿本弥生(2014)プログラミング演習科目における学習状況可視化と学習方法習得支援に関する研究. 平成26年度 公立はこだて未来大学学内競争的資金 教育方法研究部門(E02)
  11. 大場みち子, 伊藤 恵, 奥野 拓, 神谷年洋, 長崎 健, 岡本 誠, 安井重哉, 椿本弥生(2014)新しい実践型ICT教育システムの研究. 平成26年度 公立はこだて未来大学学内競争的資金 重点領域・戦略研究部門(A3)
  12. 椿本弥生, 大塚裕子, 藤田 篤, Peter Ruthven-Stuart, Dominic Kasujja Bagenda(2013)論理的文章を推敲する力を涵養するFlip Education環境の構築と評価. 平成25年度 公立はこだて未来大学学内競争的資金 教育方法研究部門(E10)
  13. Michael Vallance, 椿本弥生, 大塚裕子, Adam Smith(2013)iFUN App for FUN curricula. 平成25年度 公立はこだて未来大学学内競争的資金 教育方法研究部門(E01)
  14. 伊藤 恵, 白石 陽, 椿本弥生(2013)プログラミング演習科目の継続的な質改善と運用支援のための環境構築. 平成25年度 公立はこだて未来大学学内競争的資金 教育方法研究部門(E02)
  15. 大場みち子, 伊藤 恵, 椿本弥生, 岡本 誠, 奥野 拓, 長崎 健, 神谷年洋, 安井重哉(2013)情報デザイン手法を用いた高度ICT人材育成教育プログラムの開発. 平成25年度 公立はこだて未来大学学内競争的資金 教育方法研究部門(E08)
  16. 大塚裕子, 椿本弥生, 藤田 篤, 伊藤 恵(2013)教育関連テキストデータの解析に基づく大学暗黙知の顕在化. 平成25年度 公立はこだて未来大学学内競争的資金 教育方法研究部門(E13)
  17. 平田圭二, 椿本弥生, 竹川佳成, 田柳恵美子(2013)音楽学習体験の相対化に着目したピアノ演奏熟達化支援に関する研究. 平成25年度 公立はこだて未来大学学内競争的資金 通常領域研究部門(B23)
  18. 竹川佳成, 椿本弥生, 田柳恵美子, 平田圭二(2013)ピアノ学習者の熟達化モデルの構築-2台の視線計測装置による成人初級者の楽曲習得過程の観察研究-. カワイサウンド技術・音楽振興財団 平成25年度研究助成 サウンド技術振興部門
  19. 椿本弥生(2012)文章の寝かせが推敲に及ぼす効果の眼球運動による測定. 平成24年度 公立はこだて未来大学学内競争的資金 通常領域研究部門(B20).
  20. 椿本弥生, 大塚裕子, Michale Vallance(2012)未来大学コンピテンシー発見のための戦略的言語データ解析. 平成24年度 公立はこだて未来大学学内競争的資金 教育方法研究部門(E09).
  21. 平田圭二, 椿本弥生, 竹川佳成, 田柳恵美子(2012)ピアノ学習者の熟達化支援に関する研究. 平成24年度 公立はこだて未来大学学内競争的資金 通常領域研究部門(B11).
  22. 沼田 寛, 大塚裕子, 椿本弥生, 美馬のゆり, 中村美智子, Dominic K. Bagenda(2012)メタ学習能力育成のためのチュータリング・システム構築のグランドデザイン. 平成24年度 公立はこだて未来大学学内競争的資金 重点領域・戦略研究部門(A06).
  23. 椿本弥生(2011)Writing Center における効果的な推敲指導を支援する教育方法開発のための予備調査. 平成23年度 公立はこだて未来大学学内競争的資金 通常領域研究部門(B25).
  24. 高橋 薫, 村松浩幸, 金 隆子, 金 俊次, 村岡 明, 椿本弥生, 堀田龍也(2008)アントレプレナーシップ教育で育まれる「ことばの力」の検証, 財団法人 博報児童教育振興会 第3回 博報「ことばと教育」研究助成(研究期間 2008年4月-2009年3月).【社団法人博報児童教育振興会「ことばと教育」研究助成 第3回 優秀賞】

招待講演

  1. 秋田県立大学生物資源科学部 FD講演会 講師(テーマ:論理的なレポートの書かせ方と評価方法)(於 秋田県立大学 秋田キャンパス 2015年9月1日)
  2. テクニカルコミュニケーション学術研究会(TC学術研究会)第5回研究会「テクニカルコミュニケーションと情報と教育と」(テーマ:反転教育でTCを教える)(於 早稲田大学 ファカルティラウンジ 2014年6月14日)
  3. 日本教育工学会 大学教員のためのFD研修会(ワークショップ)講師(テーマ:大学授業デザインの方法ー1コマの授業からシラバスまでー)(於 首都大学東京 秋葉原キャンパス 2014年3月3日)
  4. 一般社団法人北海道中小企業家同友会函館支部 第29回幹部大学 講師(テーマ:教育工学の視点からのブレイクスルー)(於 公立はこだて未来大学 2014年1月28日)
  5. 一般社団法人北海道中小企業家同友会函館支部 第28回幹部大学 講師(テーマ:”学ぶ”を学ぶ)(於 同友会 函館支部 2013年1月29日)
  6. 東京工業大学大学院社会理工学研究科 「トーク&ディスカッション"大学院×仕事×未来"」 講師(テーマ:わたしの中の社会理工)(於 東京工業大学 2012年12月15日)
  7. 北海道高文連道南支部図書専門部図書研究部研修会 講師(テーマ:学びの場としての図書館の活用)(於 函館白百合学園中学高等学校 2012年11月16日)
  8. 大手前大学CELL教育研究所 研究会 講師(テーマ:効果的な課外学習支援)(2012年3月5日)
  9. 日本教育工学会2011年度シンポジウム「21世紀型スキルと教育工学」登壇(テーマ:思考の方法の観点から)(東京工業大学 2011年6月18日)
  10. 東京大学大学院情報学環 ベネッセ先端教育技術学講座 BEAT公開研究会「ソーシャルメディアによって変わる学びのかたち」登壇(テーマ:グループで小論文を相互添削するシステム”Re:”(アール・イー))(東京大学情報学環・福武ホール 2011年6月4日)
  11. 山形県米沢市立南原中学校で文章教室講師(テーマ:わかりやすい報告書を書こう 伝わりやすい発表をしよう)(2008年12月)
  12. 山形県米沢市立南原中学校で文章教室講師(テーマ:(1)高校受験対策講座, (2)インパクトのある応募書類を書こう)(2008年11月)
  13. 広島大学大学院教育学研究科 学習開発学講座にてセミナー講師(テーマ:自然言語処理の教育実践研究への応用)(2007年11月)

社会貢献

学会活動

  1. 2013年7月-2015年7月 日本教育工学会 FD特別委員会 幹事
  2. 2012年-2013年 日本教育工学会 FD特別委員会 委員
  3. 2012年 日本認知科学会誌「認知科学」査読者
  4. 2011年 日本科学教育学会誌「科学教育研究」査読者
  5. 2010年-2012年 日本教育工学会企画委員会 委員
  6. 2010年-2011年 日本教育工学会大会企画委員会 幹事
  7. 2010年 日本教育工学会25周年記念シンポジウム準備委員会 委員
  8. 2010年-2011年 日本教育工学会ショートレター増刊号特任編集委員
  9. 2009年 日本教育工学会第25会大会実行委員会 委員(事務局長)
  10. 2009年-2012年 日本教育工学会大会企画委員会 委員

その他

  1. 2014年5月-2015年3月 文部科学省 地(知)の拠点整備事業選定委員会 ペーパーレフェリー
  2. 2013年5月-2014年3月 文部科学省 地(知)の拠点整備事業選定委員会 ペーパーレフェリー
  3. 平成24年(2012年)11月-現在に至る 大手前大学CELL教育研究所 紀要「CELL教育論集」査読者
  4. 平成22年(2010年)4月-現在に至る 株式会社エドベックによる「MALSI学習力・意欲診断テスト」監修者

特許

  1. 2006年 文章評価装置及び文章評価プログラム(特許第4165898号)

受賞

  1. 2014年 日本教育工学会 第28回 論文賞
  2. 2012年 日本教育メディア学会 井内賞 (優秀論文賞)
  3. 2010年 日本教育工学会 第25回 研究奨励賞
  4. 2009年 社団法人博報児童教育振興会「ことばと教育」研究助成 第3回 優秀賞
  5. 2009年 Computer Supported Collaborative Learning (CSCL) Conference Best Technology Design Paper Award
  6. 2007年 日本教育工学会 第21回 論文賞

Counter: Today, 3 / Yesterday, 0 / Total, 5313